■プロフィール

俺ちゃんの中の人

Author:俺ちゃんの中の人
2015年9月に会社を辞めて3か月間世界一周旅行に行っていました。これからのことは模索中。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■訪問者数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
間欠泉的キャリアについて
ちきりんさんの著書「未来の働き方を考えよう」に、「間欠泉的キャリア」という概念が登場します。

未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる未来の働き方を考えよう 人生は二回、生きられる
(2013/08/16)
ちきりん

商品詳細を見る


ちきりんさんのブログ「Chikirinの日記」にも本の元記事が掲載されています。

ところが大企業や公務員になるのではなく、需要が圧倒的に大きな市場において「手に職」をつけることで、それとは一線を画した新しい働き方を手に入れることができるのです。
それは一定期間働くごとに、リフレッシュや個人の趣味のために数ヶ月の休みを挟みながら働く「間欠泉的キャリア」です。
休みの間に世界放浪をしてもいいし、英語留学や中国留学を挟んでもいい。趣味について極めるため専門学校にいくもよし、子育てに没頭するもいいでしょう。
本当の意味で「手に職」があり、恒常的に人手不足の業界でキャリアを築くと、こういうキャリア形成が可能になるのです。
【Chikirinの日記より引用】


これはあくまで理想論であり、現実の社会で40歳代以上の人が簡単に次の就職先や食い扶持を見つけることは簡単ではないでしょう。
マッキンゼー出身で人気ブログや売れるビジネス書を書く才能は、自分も含めて殆どの人は持っていないですし。

でもこの本はそれでも大きな価値があると思っています。
それは、「働き方や人生について考えるきっかけを作ってくれているから」です。
年功序列の崩壊、グローバリゼーションの進展、IT技術の発達など、これまでの労働環境を激変させる環境変化は様々に生じているのですが、現実の労働環境にはまだ大きな変化は生じていません。
しかし、このような変化は緩慢であっても徐々に変化していくことは確実だと思います。
その変化を先取りし、将来に備えて自分の可能性を探っておくことは決してマイナスにはならないでしょう。

そして、私自身はこの「間欠泉的キャリア」の構築には大きな興味を持っています。
ちきりんさんの言う「需給ギャップ」がある職業についているわけでも手に職を持っているわけでもないですが、アーリーリタイアメントを目指す中で、将来収入がなくても生きていくための資産はそれなりに積み上がっています。
一番不足していることは、「未知の世界に飛び込む勇気」であると自覚しています。

自己啓発本に煽られてすぐに行動を起こすほど青くはないですが、自分の人生はたった1回、後悔しない生き方が出来るように色々と考え、将来への布石を打っていきたいと考えています。

↓色々な人生を歩んでみたいと思っている方はポチッとな。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


仕事のこと | 07:28:58 | コメント(2)
コメント
働き方が多様化すればいいなあと思います。
日本は一度レールをはずれると戻ることができないとか、とにかく窮屈です。
社畜を飼いたい企業からすればそのほうが好都合なんでしょうが。。。
2014-12-04 木 00:54:14 | URL | 招き猫の右手 [編集]
招き猫の右手さん

日本は単一民族で多様化が苦手なのかも、と思ったりもします。
価値観も単一とは言いませんが、海外の多様性に比べるとかなり似通っていると思っています。
2014-12-04 木 22:23:20 | URL | 俺ちゃんの中の人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。