■プロフィール

俺ちゃんの中の人

Author:俺ちゃんの中の人
2015年9月に会社を辞めて3か月間世界一周旅行に行っていました。これからのことは模索中。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■訪問者数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヴァロットン展に行ってきました
先日、「冷たい炎の画家-ヴァロットン展」に絵画鑑賞に行ってきました。 ※既に終了

正直全く知らない絵描きさんだったのですが、東京駅周辺美術館共通券という、その名の通り東京駅周辺にある美術館5館(ブリヂストン美術館、出光美術館、三井記念美術館、三菱一号館美術館に東京ステーションギャラリー)が鑑賞できる券を持っており、三菱一号館美術館が残っていたために行ってきました。

独特の視点と多様な表現を持つヴァロットンの作品は、100年以上たった今でも斬新で現代的です。 胸騒ぎのする風景、不安な室内、クールなエロティシズム―。まるで解けない謎のように重層的な彼の 作品は、観る者に様々な感情を抱かせます。本展では約60点の油彩と、約60点の版画の計約120点を展覧します。
公式HPより引用)


デザインを意図的に歪めたり、江戸時代の版画のように平面的な作品があったり、コミカルな版画など、かなり変わった作風を持つ画家でした。
ヴァロットンはスイス出身だそうですが、スイスといえばアルプスの山々を描いたセガンティーニ(出身はイタリア)も独特な画風なので、あの土地には画家の感性を育む何かがあるのでしょうか。

それにしても、休日にゆったりと絵画を鑑賞するのは至福の時間です。
東京は世界屈指の絵画展の多さだそうで、確かに気軽に出かけられる距離にいくつもの美術展がやっているのは贅沢な環境です。
また、私はこの趣味があるためにリタイア後の居住地は東京一択です。

なお、フィリピンの孵化寸前の卵「バロット」とは全然関係ありませんのであしからず。
(バロットの写真を張り付けようと思ったのですが、あまりにもエグいのでやめておきます)

P.S.文中にある「東京駅周辺美術館共通券」は本当にオトクなので、絵画好きであれば要チェケラです。

↓絵の世界も結構面白いので、ポチッとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


色々楽しいこと | 06:00:00 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。