■プロフィール

俺ちゃんの中の人

Author:俺ちゃんの中の人
2015年9月に会社を辞めて3か月間世界一周旅行に行っていました。これからのことは模索中。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■訪問者数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
将来有望な現役高校生に何をアドバイスする?
自分は人事の仕事を長くやってきて、直近では社員教育に携わっていたこともあり、「人を育てる」ことには今でも大変興味を持っています。
今日はそんな「人を育てる」ことにまつわる話をします。

人が育つには、大きく2つの要因が影響すると考えています。

1つは内発的動機と言われるもので、要は「自分はこうなりたい」「このようなスキルを身につけたい」という自らの意志がコアとなります。
この意志が強ければ強いほど挫折せずにゴールに向かって進む確率は高まります。
(意志がどんなに強くてもゴールに到達できるとは限りません)。

もう1つは、外発的動機と言われるもので、その人が置かれた環境が主要因となります。
「テストで一定の点数を取らなければ留年」、「このスキルを身につけないと給料が上がらない」、「上司に怒られるのが嫌だからモノを売ってくる」、などです。
その環境でなければ生まれてこない動機です。
「やらされ感」を感じるのは、この外発的動機で動かざるを得ないからです。
内発的動機では、「やらされ感」は決して生まれません。

※なお、今回の記事は動機にフォーカスしたいため、以後「能力」に関しては一切触れません。

一般的に「教育」というのは、一定のスキルを身につけてもらうために行われます。
新入社員教育であれば、社会常識・会社ルール・社会人基礎スキルの取得です。
学校の授業であれば、その科目の知識や思考力の取得です。
しかし、それ以前に上記2つの動機、内発的動機と外発的動機を考えることは、全くといいほどありません(少なくても自分はそうでした)。
学生のうちは別にそんなことを考える必要はありませんでした。
勉強することが義務であり常識だったからです。
そして、その気持ちを維持できたから大きな問題もなく大学まで卒業できました。

一方で、社会に出て初めて本格的に遭遇する「仕事」というものに対しては、内発的動機と外発的動機が混在してきました。
■内発的動機
・自分が選んだ会社に入ったからには頑張ろう。
・新しい知識を得ることは楽しい。
・会社には色々な人がいるなあ。話していると勉強になる。
・社内にはカワイイ人もいるなあ。仕事が出来るようになって軽く尊敬されたい。

■外発的動機
・仕事が出来るようになると給料が上がる。
・役職が付けば偉く見られるようになる。
・遊んだり楽しいことをするにはお金を稼がなくてはならない。

他にもあったかもしれませんが忘れました。
調子の良いときは、必ずと言っていいほど 内発的動機>外発的動機 となっていました。
一方、調子の悪いときは、内発的動機<外発的動機 です。
なので、いつの頃からか、調子の悪いときは自身の内発的動機を高めることを意識して思考したり行動するようにしていました。
外発的動機を引き起こす外部環境は、なかなか自分では変えられないですが、内発的動機は自分自身で解決可能だからです。
※外部環境を自らで変える大きな方法は転職や引っ越しがあります。

そうは言っても、内発的動機を高めていくのはなかなか難しいです。
時間もかかることが往々にしてありました。
また、ラッキーにも外部環境が変わってくれることもあります。
上司の交代や自身の異動などです。

話が飛びそうになりましたが、要は私が言いたいのは、「人は内発的動機を高めることが苦手」なのではないか、ということです。
私の仮説だと思ってください。
しかし、「人の内発的動機を高める」手助けが出来たらすごく楽しそうではないですか。
内発的動機を高めるのはあくまで本人ですので、自分はあくまでそのきっかけを与えること、その興味を健全に伸ばしていくサポートをすることしか出来ません。

実は友人知人の何人かには、意図的に内発的動機を高めてあげる方向で長期間話をしています。
先週飲んだ友人からは、「あの時(5年前)にもらった刺激がきっかけになって今の役職・仕事にたどり着けたよ。本当に感謝している。」
と言われて大いに照れ臭かったものの、たいへん嬉しかったです。
その時、「人の成長のタネを植えて育てていく仕事がしてみたいな」と思ったのです。

さて、長い長い前段が終わりました。
話は変わります。

昨日行きつけの美容院で、店長(同じ中学出身の2コ上、元不良)といつもどおり楽しくおしゃべりをしていました。
SIMフリースマフォのメリット・デメリット、コスト意識について、大学院の話、語学留学の話など。
そして、これまで何回か話を伺っている息子さん(高1)の話になり、文系・理系の選択の考え方、理系についての持論、学生時代にやってほしい留学のこと、これからの世の中における英語の重要性などについて語りました。
その息子さんは私立のなかなかの進学校(東大京大には毎年20名程度合格)に通っており、当然大学進学も頑張るつもりのようです。
店長としては色々とアドバイスもしてあげたいのだけど、自分は高卒で美容師業界のことしか分からないのでどうにも話のしようもないようです。
そこで店長さんが私に、「一度息子と話をしてくれないか?」と持ち掛けてきたのです。

どこまで本気かわからないですが、是非やってみたいと思いました。
現役高校生と真面目な話をする機会なんてめったにない機会ですから。
しかし、何を話をするかでハタと思考がストップしてしまいました。
将来有望な高校生に対して、何をアドバイスしてあげるか?何を考えてもらうか?
お金、将来設計、家族のこと、やりたいこと、自分の特長などありますが、どのようなストーリーやエピソードを話せば、信頼関係のない人でもある程度聞いてもらえるのか?

私の妄想タイムの始まりです。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


スポンサーサイト


社会のこと | 09:50:27 | コメント(4)
コメント
私も今は人を育てるという立場なので、今回の記事は賛同できる部分ばかりです。
>調子の良いときは、必ずと言っていいほど 内発的動機>外発的動機
特にこの部分はその通りなんです。
しかし内発的動機というのは「ある程度の経験」をしていかないと外発的動機に押されっぱなしになるような感じがします。
そこをうまくサポートしてやることが人材育成には必須であり成長を増長させるのだと思います。

経験を補うには先輩からの話や書籍からの知識流入などいろいろとありますがやはり強いのは「実体験」でしょう。
アドバイスすることはいいことだと思うのですが、それすらも相性があると思うのでそれもぴったり合うと飛躍的に内発的動機は伸びるのかもしれないですよね。

内発的動機を促進するにはマインドコントロールに似た知らず知らずのうちにその方向に導くことがいいんじゃないかなあ。

今度の高校生との話にとても興味があります。

しかし最近の若い子はなかなか強敵でっせ^^
2015-12-15 火 20:21:32 | URL | クロスパール [編集]
クロスパールさん

「実体験」の重要性は私も正に同感です。
どんなに知識があろうとも実体験の伴わない意見やアドバイスは空虚だと感じます。

対話の中でどう内発的動機を引き出してあげ、実体験を積み上げていく行動を促していくかがポイントだと考えています。
2015-12-17 木 09:53:15 | URL | 俺ちゃんの中の人 [編集]
私は転職を繰り返してきたので外発的な動機がころころ変わっていたなあ。
内発的な動機で仕事をしたのは最後の会社くらいかな、やっていて楽しかったです。
若い人に指導なんて僕ではとてもできないですね。いい加減なことばかり言いそう。
2015-12-19 土 00:19:58 | URL | 招き猫の右手 [編集]
招き猫の右手さん

私も転職で環境を大きく変えてきた派です。飽きっぽい性格も起因しているように思います。
何につけ「やっていて楽しい」はこれからも大切にしたいですね。
2015-12-19 土 09:21:18 | URL | 俺ちゃんの中の人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。