■プロフィール

俺ちゃんの中の人

Author:俺ちゃんの中の人
2015年9月に会社を辞めて3か月間世界一周旅行に行っていました。これからのことは模索中。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■訪問者数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
趣味を起点とした妄想(旅行を例にして)
ちょっと興味があり、日本を訪れる外国人観光客の国籍はどこが一番多いのか調べてみました。
こういう時ネット社会は大変便利ですね。
日本政府観光局(JNTO:Japan National Tourism Organization)というところが、各種統計数値を発表しています。
なお、JNTOは、「海外における観光宣伝、外国人観光旅客に対する観光案内その他外国人観光旅客の来訪の促進に必要な業務を効率的に行うことにより、国際観光の振興を図ること」が組織の目的だそうです。
旅をしていると時々日本の慣行に関する宣伝広告を見ることがありますが、それはJNTOがやっていたと初めて知りました。

訪日外客数の動向 というページでExcelに展開できます。
この資料は生データなので、分析するには色々と加工が必要ですが、自分が知りたかった数値は、観光客数の国別比率だったのでサクッと数式を入れて算出してみました(データは2015年を使用)。
結果は、下記のとおりです。

1位:中国 24%
2位:韓国 20%
3位:台湾 20%
4位:香港  8%
見事にアジア勢が占めています。
5位にようやく米国 6%が登場、あとはタイ5%、フィリピンと豪州が各2%というところです。

こうしてみると、東京の街中で観光客とおぼしき方々の中国語が溢れているのも頷けますね。
中華圏で50%を超えていますから。
アジア合計ですと80%というところです。
中国や韓国がムカつくとか思っていても、観光業にとってはとても大切なお客さんなのでないがしろには出来ません。

また、統計データは2003年からありますので時系列で見るとまたほかの傾向が浮かび上がってくると思います。
ざっくりとだけ言うと、2003年(521万人)と2014年(1341万人)を比較すると、日本を外国人観光客は約2.5倍に増加、2015年は6月までの半年ですが、2014年の同月までの累計を比較すると既に1.5倍の観光客が日本を訪れていますので、2000万人の大台に乗るのも確実でしょう。

さて、ここから未来に向けて何が推論できるでしょうか?
以下は自分の思考遊びなので、皆さんは皆さんでぜひ考えてみてください。

・日本の観光業は内需拡大の数少ない産業の1つであり、今後も外国人観光客は増えていくであろう。
・各国の観光客に対応するため、大手を中心に外国人雇用が促進されるだろう(既にその傾向はあります)。
・今後増大する観光客に向けて、最もボトルネックになりそうなのが宿泊施設。特に東京・大阪といった大都市圏では完全にキャパオーバー。
・特にオリンピックが開催される2020年までに宿泊施設を増やすにも限度があり、1つの有効な施策としては、Airbnbや民泊等の正式にホテル業として認可されていない施設・部屋を貸し出す仕組みに頼らざるを得ない。
・しかし、Airbnbは規制が少ないが故に既に海外では深刻なトラブルが発生している。日本でも先月宿泊者の死亡事故が発生しており、貸主への賠償責任が問われる可能性がある。
・それでも、Airbnbは何らかの規制がかかるとしても増加していくだろう。
・では、どのような形に落ち着き、どのようなビジネス機会があるのだろうか?

ここからは、新たな情報が欲しいところです。
Airbnbのサイトを検索していくと、色々と面白いデータが掘り起こせます。
また、外国旅行をされる方は、実際にAirbnbで宿泊し、オーナーさんに話を聞いてみることも面白いでしょう。
あるいは現地で仲良くなった人に、日本への旅行のことを聞いてみると貴重な生の情報を得ることが出来るかもしれません。

旅行を趣味にしている人は自分も含めて結構いると思います。
セミリタイアしていても、趣味を目的でなく手段とすることで経験することや拾う情報が変わってきます。
別に妄想で止めても誰にも迷惑はかけませんし、「このビジネスアイデア行けるんじゃないか?」と思えば企業に売り込みにいったり起業しても面白いと思います。
妄想で止めてもビジネスセンスや世の中の流れを読む眼は間違いなく鍛えられると思います。
あるいは、語学学習やボランティアなどにも別の視点やモチベーションが加わるという副次的効果も生まれるかもしれません、

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


色々楽しいこと | 23:57:04 | コメント(2)
コメント
私も中韓への反感感情とビジネスは分けて考えるべきだと思います。
儲かるならどんどんきてもらうべきだし、日本に来るのは変な反日感情が無いか少ない人ですからね、また来てもらうことによって日本のよさの宣伝になりますから。
カネだけじゃなく日本のソフトパワー増大につながるので。

さて、宿泊施設ですが、アップアップですね。
ちょうど空家問題があるので、地方なんかはそれを活用したらいかがでしょう。
でも必要なのは都心なんですよね。。。
2015-08-13 木 12:13:33 | URL | 招き猫の右手 [編集]
招き猫の右手さん

東京に住んでいるから余計に感じるのでしょうが、日中は街中に外国人が溢れている印象です。特にアジア人ですね。
観光客が日本に良いイメージを持ってくれることで、外交にも良好な影響を及ぼすでしょうね。
2015-08-15 土 09:52:21 | URL | 俺ちゃんの中の人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。