■プロフィール

俺ちゃんの中の人

Author:俺ちゃんの中の人
2015年9月に会社を辞めて3か月間世界一周旅行に行っていました。これからのことは模索中。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■訪問者数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自分のセミリタイアは長期休暇とも言います
以前から自分の読んで頂いている方にはご理解頂けていると思いますが、自分は数か月~1年程度仕事から離れてやりたいことをやった後は、再び何かしらの仕事をする予定です。
今週から有給消化に入っていますが、頭が完全に夏休みに入る前に自分のことを真面目に考えてみました。

自分の生きる目的を問い詰めると、「自分の好奇心をただ満たしたい」ということに集約できると思えました。
最近は、他者とか社会貢献のことを考えろとか言われますが、自分のことも満足させられないのに他者やましては社会なぞ満足させられるわけがありません。
また、これまで生きてきて分かってきましたが、自分のやりたいことを追求することで他者を巻き込み、良い方向に一緒に進めることが多くありました。
なので、「自分勝手上等!」でいきたいと思います。

本論に戻しますが、では「自分の好奇心とは何か」と言われると、まとまりはありませんが今の自分にとっては以下のようなことです。
・美味しいお店を探して食べる。
・自分の知らない土地を訪問して様々なことを知る。また、それをトリガーとして関連事項を掘り下げていく。
⇒例えば6月下旬に五島列島を訪問したのですが、遣唐使の最後の寄港地として空海も立ち寄っていたことやキリシタンの迫害の歴史などを知り、今は遠藤周作の本で江戸時代のキリシタンの状況を学んでいます。
・世界一周旅行に行く。
・英語を学ぶ。
・体力づくり
そしてこれらと同列で、仕事をすることが挙げられます。

仕事は、時間的拘束や価値観の押しつけ、めんどくさい人たちとの交わり、理不尽な要求など、嫌なことはたくさんあります。
一方で、世の中にないものやまだアイデアレベルのものを具現化して提供してくことや、それによって人が喜んでくれることは、他のことではなかなか味わえない喜びです。
しかも、その取り組み内容は自分の好奇心を喚起するに値することが多く、こうなってくると仕事なのか生きがいなのか良く分からなくなってきます。
それに加えて、労働の対価としてお金までもらえちゃいます。

そして、自分の場合は自分の好奇心を満たすためにはもう少しお金が必要なのです。
これが、自分が再び働こうと考えている理由です。

でも、サラリーマンという働き方は、自分には合わなくなってきたことも事実です。
時間的、肉体的、精神的に拘束された中で自己実現を図ることは無理があり、そのような制約がない(もしくは現状よりも大幅に軽減される)環境でもっと自分を解放することが必要ですし、そっちの方がどう考えても楽しそうです。

今後何をするのかは、あまりブログで書こうとは思っていませんが、現時点で5つの進路があります。
どれも現実的に可能な選択肢なのですが、その中には心が躍らないものもあります。
例えば、今の会社に出戻るとか。
でも、何をしたいのかはだいたい見えてきています。

この見通し感があるため、数か月のセミリタイアも精神的には全然きつくありません。
何より新しい人生に挑戦するためには、従来の人生での価値観を捨て去らなければなりませんが、それには数か月はかかりそうです。

最近、自分の心境を上手に語ってくれている歌に出会いました。
資生堂「TSUBAKI」CMで使われている、福山雅治さんの「何度でも花が咲くように私を生きよう 」です。



恐いものなんて 今よりずっとなかった
二十代のあの情熱とは 今は違うけど

憧れたものには もうなれないとしても
この道を歩いてみよう 旅を続けよう

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト


新しい人生のこと | 20:37:17 | コメント(4)
コメント
素晴らしい考え方ですね! おこがましいですが私も似たような考えだと改めて感じさせてもらいました。
「自分勝手上等」・・・いただきました^^
2015-07-24 金 04:16:53 | URL | クロスパール [編集]
クロスパールさん

思いを同じにする方がいることは素直に嬉しいです。
なんせ、セミリタイアブログ村では極めて少数派なので(笑)
2015-07-24 金 08:23:08 | URL | 俺ちゃんの中の人 [編集]
随分いろいろと深く考えているんですね。
僕の場合は適当に見切り発車のリタイアなんですが。

今後また働くかもしれない、というのは僕も同じです。
資金的にまだあと少し必要なのと、やはり楽しくやって自分が充実してそれでお金がもらえることがあれば素晴らしいと思いますからね。
サラリーマンでは基本的にそれはありえないですからね。
2015-07-26 日 16:20:56 | URL | 招き猫の右手 [編集]
招き猫の右手さん

自分も見切り発車的リタイアだったのですが、その意味合いやこれをどう将来につなげていくのかを考えており、その一端が今回の記事でした。

そういう意味では、今のセミリタイアの過ごし方が、「のんびりしよう」から「次に生かそう」に変わってきているのかもしれません。
2015-07-27 月 06:18:12 | URL | 俺ちゃんの中の人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。