■プロフィール

俺ちゃんの中の人

Author:俺ちゃんの中の人
2015年9月に会社を辞めて3か月間世界一周旅行に行っていました。これからのことは模索中。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■訪問者数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
時間が出来たらこんな投資をしてみたい
以前にも書いた気がするのですが、自分には投資の才能があまりないと感じます。
昔は個別株にも手を出しているのですが、ほぼ惨敗という有様でした。
なので、数年前からインデックスファンドでの運用に切り替え、1か月に1回チェックすれば良い方で完全にほったらかし投資というスタンスです。

ただ、個別株は1社だけ素晴らしい成績を収め、半分を売ったらこれまでの他社損失分を補うことができ、後の半分は今でも保有しています。
その銘柄は「ドン・キホーテ」。
購入したのは10年以上前です。

初めてドン・キホーテの店舗を訪れた時、衝撃が走ったとともに天の声が聞こえたのです。
「この会社は伸びる!」と。
転職しようかな、とも一瞬頭をよぎったのですが、こういう会社は内部がとんでもないことになっていることが往々にしてありますので、その考えはすぐに捨てました。
次に思いついたのが、ドン・キホーテへの株式投資でした。

その当時は投資には興味を持っていたものの、まだ実際には行動に移していませんでした。
正確に言うと「投資をする勇気がなかった」のです。
だって、貯金は大きく増えない代わりになくなりませんが、投資は溶けてなくなることもありうるわけで、極端にリスク許容度が低い典型的日本人の自分にとっては、投資という行動に踏み出すことが出来ませんでした。

しかし、もうこれは直感でしかないのですが、この会社はなぜかいけるという確信を持つことが出来ました。
財務状況もろくに見ていないので、今思えば単なる妄信でした。

口座も持っていなかったので急ぎ開設し、すぐに100万単位のお金でドン・キホーテの株式を購入しました。
購入後は長期保有を考えていたので、株価もほとんどチェックせずにほったらかしていました。

その後は、ずっと右肩上がりの成長を続け、株価も比例して上昇していきました。
今も所有しているのですが、最近株価も総じて高くなっているので売却しようかと考え始めたところ、経済関連のウェブページを見ていると、ドン・キホーテがインバウンド関連株として注目されているとの記事が。
アジアからの観光客が増加し、テーマパーク的にドン・キホーテを訪れているらしいのです。
見ても楽しいし、外国人観光客は日本のお土産を大量に購入していくのに価格の安いドンキはうってつけです。

ということでもうしばらくは売らずに持っておこうと思いましたが、このニュースを読んでもう一つ思ったことがあります。
それは、「誰も10年後や20年後の外部環境を見通すことは出来ない。」ということです。
2000年初頭に誰が「アジアからの観光客が大幅に増加し、それに伴い周辺ビジネスを行っている企業が伸びる。」とか、「ドン・キホーテは外国人観光客の注目を浴びて売り上げが伸びる。」などと予測できたでしょうか。
少なくてもそんなことを言っていた経済評論家は聞いたことがありません。

自分にもそのような能力はないのですが、今後時間が出来たら、このような外部環境を見通す努力をし、10年後に大きく成長する業界の仮説を立てた上で、その分野の企業群を徹底的にリサーチして見込みのある企業に投資してみたいです。

40後半は転職するのも現実的に厳しいのですが、転職しなくても入りたい会社に投資をし、そこからキャピタルゲインを得るという考え方もこれからの時代、ありではないでしょうか。
但し、投資資金がある場合に限りますが。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


資産のこと | 09:54:20 | コメント(4)
コメント
10年後
10年後の予想、興味をそそられます。

起業家、予想屋、投資家色んな立場で考えてみたいですね。

ソフトバンク、ファーストリティリング、グーグル、アップルはどうなっているのか。
2015-04-18 土 20:58:34 | URL | たんちん [編集]
実際に店舗や現場に脚を運んで、そこで得られた感触を投資に活かすのは、むしろ王道じゃないでしょうか、個人的にはその感覚でもいいと思います。

10年後はどうなっているのか。
興味はありますね。
自動車業界なんてかなり様変わりしている可能性ありますよ、グーグルやアップルが自動運転技術で自社生産ラインでクルマ作っちゃうなんて話もあるらしく、トヨタだのなんだのが苦境に陥っていたりして。。。
2015-04-19 日 23:43:22 | URL | 招き猫の右手 [編集]
たんちんさん

「未来を予測する」という考え方よりも「仮説を立てる」という考え方なのかなあと思います。
いずれにしても、時間が出来たらじっくりと取り組んでみたいことの1つです。
2015-04-20 月 09:11:25 | URL | 俺ちゃんの中の人 [編集]
招き猫の右手さん

>自動車業界なんてかなり様変わりしている可能性ありますよ
変化しているでしょうね。
現在の完成車メーカーは「イノベーションのジレンマ」に陥ってしまっているかもしれません。

でも、トヨタは最先端技術の開発にも余念がないようですしね。
神のみぞ知る、ということでしょうが、未来を見通す努力を続けていれば、その一端でも垣間見れるようになると思っています。
2015-04-20 月 09:14:39 | URL | 俺ちゃんの中の人 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。