■プロフィール

俺ちゃんの中の人

Author:俺ちゃんの中の人
2015年9月に会社を辞めて3か月間世界一周旅行に行っていました。これからのことは模索中。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■訪問者数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
半断食合宿再び
3月に参加した半断食合宿が大変良かったので、先日まで2泊3日で再び参加してきました。
(前回参加した際の記事はこちら

基本的なメニュー(プログラムも食事も)は前回と全く変わらずでしたが、今回は社交的な娘さんが多く参加しており、軽登山しながら楽しくおしゃべり出来て楽しかったです。
半断食ヨガ合宿なので、基本的に女子率が高いのですが、変なカテゴリーの女性(どんな人物像なのかは想像にお任せします)も引き寄せてしまうのですよね。
前回は正にそうで、結果としてとてもストイックな雰囲気でしたが、今回は外出も食事の時も楽しいひと時を過ごすことが出来ました。
何しに行っているんだ、とお叱りを受けそうですが、同じお金と時間を費やすなら楽しい方が良いに決まっています。

そして、今回も前回同様3Kg体重を落とすことが出来ました。
2泊3日という期間にしては満足できる結果です。
この合宿が良いのは、本当に1日中体に良いことしかしないことです。

・食事も極限まで減らして体に良いものしか食べない。
・ヨガ+瞑想は1日5時間。
・情報が遮断されるので脳が休まる。
・禁酒禁煙(元々タバコは吸いませんが)
・こんな生活なので、否が応でも意識は自分の体のことに集中する。

時々は非日常的な空間で、体のメンテナンスをするのも悪くないですよ。
世界一周旅行から帰ってきたら、もう少し長めの日程で参加したいと思います。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
健康のこと | 22:20:32 | コメント(4)
退職前に人間ドックを受ける
今日は人間ドックを受診してきました。
退職することを心に決めた3月中旬に申し込んだところ、「一番早くて6月30日」と言われて今日になった次第です。
本当は色々な医療機関から選べるので、探せばもっと早く受診できる病院もあったのでしょうが、申し込んだ病院は3年前にも受診しており、連続性を重視しました。

ここは名前を聞けばほぼ誰でも知っているであろう超有名病院の施設で、さながら高級ホテルのような対応です。
検査の都度、氏名と生年月日を聞かれるのはウザいですが、検査結果の取り違え予防策を徹底している点もさすがです。
「会社を辞めたらこんなところで人間ドックを受けることもないだろうなあ」、と変な感慨に耽りながら粛々と検査が進んでいきます。

そして最後に最大の難関、胃カメラによる内視鏡検査です。
胃カメラは3年前の人間ドックで初めて飲みましたが、喉にあんな異物を入れるのは生まれて初めてで、涎と涙が出るやらオエオエ吐き気はするわで大変な覚えがあったので、今回も緊張して臨みました。
自分が検査のために準備していると聞こえるんですよ、となりのオッサンの「オエオエー」という酔っぱらった時に吐くような声が。
しかも継続してオエオエ言っており、自分にプレッシャーをかけてきます。
「オッサン少しは堪えろよ」、と思いながら、自分も胃カメラ検査スタートです。

始めの喉に刺さる感覚でウッときましたが、その後は意外にスルスルと入っていきます。
オエオエ感もあまり感じません。
3年前に経験した効果でしょうか、意外にも余裕でこなすことが出来、前回はとても見る余裕がなかった胃カメラでの映像も見ることが出来ました。
さらには背中を看護師さんが母親のようにさすってくれて安心感を与えてくれています。
時に「お上手、お上手」と声をかけられ、まるで「あんよが上手」と褒められている保育園児のようです。
そんなほのぼのした空間を感じる余裕もあり、気が付くと終わっていました。

検査後1時間ほどするとほんの一部を除いて全ての検査結果が出揃っており、医師との面談を行います。
コレステロールや尿酸値などの値がいつも通り高目という結果でしたが、3年前からは多少改善されていたのが救いでした。
本当はこの検査結果を踏まえて退職を告げた方が良かっただけに、大きな問題はなくホッと一安心です。

ということで、退職前のイベントがまた一つ終了したのでした。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


健康のこと | 20:39:07 | コメント(5)
半断食道場でスイッチが切り替わった(かも)
3月5~7日に半断食道場に行ったことはこちらのエントリーの通りですが、それから1か月がたちました。
主に体調面ですが、色々と変わる兆しが現れてきたように思います。

具体的な行動面での変化は以下の通りです。
■ほぼ毎朝経絡体操(ヨガみたいなもの)を行っている
■食事の質・量にこだわる
■半断食道場に参加して減った体重を維持する
また、これらの行動を通じて自分の体と正面から向き合えている気がします。
体調面も意識面も、もしこれまでの自分から変わりたいと思うなら、具体的な行動を変化させる必要があり、今のところ継続して行動変化に取り組めています。
これまでダイエットを何度も挫折してきた意志の弱い自分からしてみれば、上記のことが1か月継続出来ていることは結構嬉しい出来事です。

半断食道場には、ウエイン・W・ダイアー著「自分のための人生」という本を持参し、ヒマな時間に読んでいました。
自分のための人生 (知的生きかた文庫)自分のための人生 (知的生きかた文庫)
(2011/07/21)
ウエイン・W・ダイアー

商品詳細を見る

この本は、自分を変えようと思う人にはなかなか良い本だと思います。
人生のあらゆる問題は、自分で選択、解決することができる。
当たり前のことですが、自分を見つめ直すヒントとなる言葉がちりばめられており、背筋を伸ばしながら読んでいました。
自分の人生を振り返ると、人生の転機には不思議と良い本に出会っており、この本もそのような1冊になればいいなと思っています。

「新しい人生を生きる」ということは、これまでの自分の思考様式、行動様式を変えるということに他なりません。
でも、いきなり大きくジャンプするようなイチかバチかのような勝負に出ることは、人生をギャンブル化することであり、そのような人生を歩みたいとは思いません。
人生のコンバージョンには数年はかかると思いますが、それ自体も人生の楽しみとして捉え、まだ見ぬ未来に歩んでいきたいと思います。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


健康のこと | 07:59:40 | コメント(0)
半断食道場に参加してきました
今週木曜から本日朝まで2泊3日で半断食道場に参加してきました。
場所は、IARP根府川ヨーガ道場というところです。

1.1日のスケジュール
丸1日体験したのは中日の金曜だけでしたが、毎日このようなスケジュールで活動します。
6:00   起床
6:00- 7:00 お祈り&瞑想
7:00- 9:00 体操
9:00- 9:30 朝食
11:00-16:30 オプションのトレッキングや軽登山&昼食&温泉
17:30-18:00 夕食
18:30-21:30 ヨガや体操&瞑想
22:00     就寝

ご覧のとおり、メチャクチャ健康的な生活です。
やることが結構たくさんあって、暇を持て余すことがほとんどありませんでした。

2.費用
宿泊費 1泊2日暖房費込で8,200円×2泊=16,400円
オプション トレッキングと軽登山で 6,500円
温泉 2回入って2,200円
交通費 3,200円(東京~根府川駅往復)
合計28,300円でした。
参加前は、「食事もあんまりでないのに少し高いなあ」と思っていたのですが、それは大きな勘違いでした。
参加後の今では、安すぎるくらいだと感じます。

3.食事の写真
【朝食】  果物と野菜のスムージー
20150306_090815.jpg
横に写っているのは朝食と夕食時に摂る栄養補助です。

【昼食】  発酵玄米梅おむすび1個と生姜湯
20150305_135129-2.jpg
ちなみに生姜湯は朝夕の食事時にも出ますし、夕食後はポットでくれるので夜も温かいままでたくさん飲めます。

【夕食】  サラダ+大豆食品(納豆)など
20150305_180256-2.jpg
この日はサラダの他に白酒(アルコールはないです)が出ました。
いつも「青虫かよっ」と心の中で思いながらサラダを噛みしめていました。

このように大変質素な食事ですが、何とか頑張れました(そんなにつらくはなかったです)。

4.何が良かったのか
一言で言えば、「自分の心身の歪みに気づき、その整え方を知った」ことです。
主要なところでは、心、体、生活習慣、食習慣ですね。
瞑想で心を静め、ヨガや体操で体を正し、毎日健康的で規則正しい生活を送り、少量の食事で生きられることを知る。
このようなことを正しい方法で自分で出来る人は、わざわざ行く必要はないです。
私は、特に体の整え方を探し求めていましたが、「ここにあったか!」と感じました。
合宿後はまた日常に流されていくでしょうが、自分が信じられる整え方を知った今では、「これではいけない」という抑止力を働かせることが出来ると思います。

5.効果
心の効果は正直良く分かりませんが、分かりやすい体では、以下の変化がありました。

・腰が立って肩が開くようになった
すなわち、姿勢が良くなったということです。
これは、今の自分にとってはお金で買えないくらい嬉しい出来事なのですが、ほんの一部の人しか共感してくれないだろうなあ(笑)

・腹式呼吸のコツがつかめたこと
これは現在通っている治療院で薦められていたことで多少は意識し始めていましたが、半断食道場では体操、瞑想は全て呼吸法ありきです。
腹式呼吸は本当に侮れないようで様々な効果があるようですよ。
【声が通る】腹式呼吸の驚くべき効能【脂肪燃焼】

体重が3キロ減った!!
自分は半断食に参加するにも関わらず、実は体重の減少については全く期待していませんでした。
「減るんだろうなあ」くらいです。
しかし、2泊3日、実質的には丸2日間で3Kg減少、これは自分史上初の出来事でかなり嬉しかったです。

体重はまだ半断食の効果が残っているので割り引いてみておく必要があると自覚しています。
まずは重点的に正しい姿勢を維持することに集中したいと考えています。
10年以上苦しめられてきた肩こりと腰痛を改善させる道筋が初めて見えてきた気がします。

ということで、大充実の2泊3日でした。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


健康のこと | 20:55:08 | コメント(2)
肩こりは生活習慣と心のせいかも
先日の記事「退職までにやっておきたいこと」で、「体の痛み(特に首・肩・腰)を取り去りたい」と書きました。
そして、記事内でも紹介した「肩こり研究所」にも行ってきました。
この治療院が良いのか悪いのかオススメなのかは、1回いっただけでは判断できませんでしたが、カウンセリングっぽく話す中では信頼が置けそうだったので、暫く通ってみることにしました。

カウンセリングを通じて、この生活にも影響が出ている頑固な肩こりの原因が何となく見えてきた気がします。
それが、以下の3つです。
1.生活習慣の問題
2.心の問題
3.仕事の問題


1.生活習慣の問題
生活習慣をもう少し分解すると、以下の3つになります。

1)普段の姿勢
自分はどうも姿勢というものに無頓着で、椅子に座るときも浅く腰掛けて寝そべるようにパソコンを操作していたり、1つの姿勢でずっと動かずにいたり、と体に悪い姿勢を取り続けていたようです。
その結果、背骨と頸椎に湾曲したS字カーブが失われ、腰を引き気味にしていわゆる猫背っぽく歩くようになり、そうすると首が前に出てしまうのでそれを防ぐために首や肩の筋肉で頭を支えているという状態が常態化しているとの指摘を受けました。
そういえば以前首を寝違えた際に取ったレントゲンで、ストレートネック(頸椎がS字を描かずにまっすぐになっている)という症状を指摘されましたが、今回カウンセリングを受けるまですっかり忘れてしまっていました。
普段の姿勢について指導を受け、これを日常で実践していくことになりました。

2)運動不足
直近でこそ熱心にジムに通っていますが、仕事が忙しいときはどうしても仕事優先となり、自分の体のメンテナンスをつい怠っていました。
体の筋や筋肉をほぐすストレッチ、筋力トレーニング、そして有酸素運動。
この3つをバランスよく実践していきたいと思います。
ただ、治療院の先生からは、「今は腹筋禁止」と言われました。腹筋運動自体が悪いのではなく、腹筋を鍛える際に首に力が入ってしまうのがNGだそうです。

3)首肩に無意識に力を入れる癖
首肩が凝ってくると少し力むように力を入れると気持ちよくないですか?
それを繰り返すうちに、力を入れると気持ちよくなる、と自分が勘違いしたようで気が付くと首肩に力を入れている時があります。
癖と言えば足を組むのも同じですね。
足を組むと間違いなく骨格が歪みますのでご注意ください。

2.心の問題
これはなかなか厄介な問題ではありますが、心の持ち方が変わると一瞬で状況が良くなる予感もしています。
肩こりがひどくなったのが、前職に転職してからでした。
前職は外資のとても優秀な人材が集まる組織で、自分は新卒で入社などとても望めない会社でしたが、経験を評価されて中途で潜り込むことが出来ました。
そこでは、これまであまり周りにいたことのないような頭の良い人がわんさかおり、新卒入社者も東大・京大・早稲田・慶応が半分以上、しかも厳選された人たちが入ってきます。
そういう人達が3年も実務経験を積むと実力的にも立場的にも抜かされそうな危機感を味わいます。

そこで必死に勉強し、必死に仕事をしましたが、今思えば「自分の弱さを隠したい」という思いがあったように思います。
そして、その弱さを隠すために心にも鎧をまとってしまい、必要以上に構えてしまうような状態になりました。
これは、今でも継続していると思います。
心と体は一体ですから、心がそのような状態になってしまったら体にも悪影響は及ぶはずです。
それが自分の場合は肩こりのような気がしています。
「気がしている」というのは、あくまで自分の見立てだからですが、直感的に当たっていると確信しています。

ずっと以前の記事で「一瞬で意識が切り替わった経験」という内容を書きましたが、習慣も体も同じではないかと思います。
OSを入れ替えるように心も書き換えが可能で、心が書き換わることで体の状態が一瞬で変化することは可能だと信じています。

これからは、体を鍛えるのと同様に心の在り方にも向き合っていきたいと考えています。

3.仕事の問題 ※2月21日に追記しました
私はバックオフィス系の仕事で、特徴としては、内勤業務が多く、PCを1日中いじっていること、そして出張が多いことが挙げられます。
PCは絶対体に良くないですね。
集中して作業していると同じ姿勢で2時間固まっていることは良くあります(動いているのは指先だけ)。
そんな姿勢が肩や腰にいいわけがありません。

そして、治療院の方曰く、「旅行や出張で長時間乗り物に乗ることも体に緊張を強いられるのであまり良くない」、と言われました。
自分は旅好きで体への影響など全然頭になかったのですが、特に飛行機は狭い座席でほとんど動かないですから、これも体には良くはないですね。

仕事を辞めるというのは、体にも良い影響をもたらすのでしょう。

【2月21日に一部修正しました。それに伴い本文も一部修正しました。】


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村









健康のこと | 06:52:46 | コメント(2)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。