■プロフィール

俺ちゃんの中の人

Author:俺ちゃんの中の人
2015年9月に会社を辞めて3か月間世界一周旅行に行っていました。これからのことは模索中。

■最新記事
■最新コメント
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■訪問者数

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
資産管理能力のなさをまたも痛感
セミリタイアを目指す人であれば、お金の管理は健康維持と並んで最も重要な項目だと思います。

お金を管理すべき事項は、以下のたったの3つです。
・収入(の確保、増大)
・支出(の管理、節制)
・資産(の維持、増大)

自分もセミリタイアを意識している者として、資産は定期的(といっても3ヶ月に1度くらい)に算出しています。
が、その資産として全然カウントしていなかったものがありました。
それは、「確定拠出年金」です。先日郵便で残高のお知らせが届いて判明しました。

これまでも年1回届いているはずなのですが、なぜか全くスルーしてしまっていました。
内容を見ると最近の株高を反映し、資産は拠出金の1.5倍に膨らんでおり、金額的にも数百万といったところです。
運用商品は数年前に一度見直したのですが、金融資産は別途運用しているので確定拠出年金はチャレンジングに設定する方針として、国内外の株式を運用するファンド数種類を90%保有していました。
まあ、いわゆる結果オーライです。

厳密に資産を管理し、運用商品も練りに練っている方から見れば、「こいつはアホか」と思われるかもしれません。
でも、自分の感覚として、お金に執着しすぎるよりもお金に無頓着の方がかえって良い結果をもたらす気がしています。
だから、頻繁に資産の管理はあえてしないようにしています。
短期的な投資ではなく中長期的な投資なので、一時的な相場の変動で一喜一憂して感情を左右させても仕方がないからです。
しかし、そのことと資産項目を見落としていたことは全く別の話なのですがね。

今回の確定拠出年金はお金を拾ったと思って、ありがたく資産に計上させてもらいます。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
資産のこと | 09:00:06 | コメント(4)
時間が出来たらこんな投資をしてみたい
以前にも書いた気がするのですが、自分には投資の才能があまりないと感じます。
昔は個別株にも手を出しているのですが、ほぼ惨敗という有様でした。
なので、数年前からインデックスファンドでの運用に切り替え、1か月に1回チェックすれば良い方で完全にほったらかし投資というスタンスです。

ただ、個別株は1社だけ素晴らしい成績を収め、半分を売ったらこれまでの他社損失分を補うことができ、後の半分は今でも保有しています。
その銘柄は「ドン・キホーテ」。
購入したのは10年以上前です。

初めてドン・キホーテの店舗を訪れた時、衝撃が走ったとともに天の声が聞こえたのです。
「この会社は伸びる!」と。
転職しようかな、とも一瞬頭をよぎったのですが、こういう会社は内部がとんでもないことになっていることが往々にしてありますので、その考えはすぐに捨てました。
次に思いついたのが、ドン・キホーテへの株式投資でした。

その当時は投資には興味を持っていたものの、まだ実際には行動に移していませんでした。
正確に言うと「投資をする勇気がなかった」のです。
だって、貯金は大きく増えない代わりになくなりませんが、投資は溶けてなくなることもありうるわけで、極端にリスク許容度が低い典型的日本人の自分にとっては、投資という行動に踏み出すことが出来ませんでした。

しかし、もうこれは直感でしかないのですが、この会社はなぜかいけるという確信を持つことが出来ました。
財務状況もろくに見ていないので、今思えば単なる妄信でした。

口座も持っていなかったので急ぎ開設し、すぐに100万単位のお金でドン・キホーテの株式を購入しました。
購入後は長期保有を考えていたので、株価もほとんどチェックせずにほったらかしていました。

その後は、ずっと右肩上がりの成長を続け、株価も比例して上昇していきました。
今も所有しているのですが、最近株価も総じて高くなっているので売却しようかと考え始めたところ、経済関連のウェブページを見ていると、ドン・キホーテがインバウンド関連株として注目されているとの記事が。
アジアからの観光客が増加し、テーマパーク的にドン・キホーテを訪れているらしいのです。
見ても楽しいし、外国人観光客は日本のお土産を大量に購入していくのに価格の安いドンキはうってつけです。

ということでもうしばらくは売らずに持っておこうと思いましたが、このニュースを読んでもう一つ思ったことがあります。
それは、「誰も10年後や20年後の外部環境を見通すことは出来ない。」ということです。
2000年初頭に誰が「アジアからの観光客が大幅に増加し、それに伴い周辺ビジネスを行っている企業が伸びる。」とか、「ドン・キホーテは外国人観光客の注目を浴びて売り上げが伸びる。」などと予測できたでしょうか。
少なくてもそんなことを言っていた経済評論家は聞いたことがありません。

自分にもそのような能力はないのですが、今後時間が出来たら、このような外部環境を見通す努力をし、10年後に大きく成長する業界の仮説を立てた上で、その分野の企業群を徹底的にリサーチして見込みのある企業に投資してみたいです。

40後半は転職するのも現実的に厳しいのですが、転職しなくても入りたい会社に投資をし、そこからキャピタルゲインを得るという考え方もこれからの時代、ありではないでしょうか。
但し、投資資金がある場合に限りますが。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



資産のこと | 09:54:20 | コメント(4)
FX口座を開設したらNY往復航空券をGetした話
もう何年前の話かも忘れてしまいましたが、世の中にFXというものが認知され、FX専門のオンライン業者がいくつか出てきた頃、自分も少し始めてみようかと思い、その当時の業界最大手業者が行っていた無料セミナーに参加しました。
為替が変動するロジックが良く分からなかったのですが、まずは始めてみようと口座を開設しました。
そして、投資用にとりあえず500万円をすぐに入金しました。

その頃、その業者では新規口座開設キャンペーンを実施しており、毎日1名に成田-ニューヨーク(NY)往復航空券をプレゼントするキャンペーンをしていましたが、絶対に当たらないと思っていたので何の期待もしていませんでした。

ところが、ふとメールを見るとそのFX業者から「NY往復航空券が当たりました!」、とのお知らせが。
青天の霹靂のお知らせに、「フェ!?」と声にならない声を上げ、メールを5回くらい熟読しましたが、「●月●日に口座を
開設した方のうち、厳正なる抽選の結果、あなた様がNY往復航空券に当選しました。」と書いてあります。
間違いありません。
●月●日に何人の人が口座を開設したのかがメールに書いてあったのかも忘れましたが、とにかく自分がたった1人の選ばれし人になったのです。

こんな幸運はめったにありません。
「やったー!」と大喜びしましたが、段々冷静になってくるとなぜ自分が当たったのかを考えるようになりました。
思い当たるのはたった1つ、口座開設してすぐに500万円を振り込んだことです。
「厳正なる抽選の結果とか言っているけど、実は口座開設後に入金した金額が一番多い人にプレゼントしているのではないか」疑惑がムクムクと浮かんできます。
だって、FX業者にとっては上顧客になる可能性が一番高いのですから。

口座を開設しても全く取引しない人も結構いるのではないかと思います。
そのような人にNY往復航空券をプレゼントしても、業者としては何のメリットもありません。
航空券をプレゼントしたら動機づいて活発に取引をする可能性もあるでしょうが、そのような賭けに出るよりは口座に入金という分かりやすい行動に出た人の方が、はるかに業者に利益をもたらす可能性が高いことは子供でも分かります。

「厳正なる抽選の結果」とか言っているけど絶対に嘘だろうなあ、と大人の裏の世界を垣間見た気分になりましたとさ。
今そのようなキャンペーンをやっているのかも知りませんが、もしどなたか見かけたら、1千万円くらいぶっこんで、「厳正なる抽選の結果とか言っているけど、実は口座開設後に入金した金額が一番多い人にプレゼントしているのではないか」疑惑を証明してほしいなあと思います。
口座に入金するだけで損はしませんので。

なお、当時も仕事が忙しくてNYに行く暇もなかったのですが、現金(確か10万円)も選択できるようになっており、サクッと10万円を選択して国内旅行費に充てて終わりました。
また、FXは米ドルをちょこっとやりましたが、半丁博打のような気がして若干の損を残して撤退しました。
今ではFXは全くやっていません。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村


資産のこと | 06:16:24 | コメント(2)
格安マッサージを受けながらビジネス投資を考える
1週間前の話です。
海外出張の長時間フライトで同じ姿勢でいたためか、背中や肩、腰がバリバリになってしまい、マッサージ屋をネットで探して行ってみることにしました。
調べてみてわかったのですが、最近の格安マッサージは、60分2,980円が相場なんですね。
私のイメージは10分1,000円だったので、半額になっている計算です。
こんなところにも価格破壊の波がきているとは、と思いつつ、選んだのは「ほぐしの達人」というチェーン店です。
都内で30店舗近く展開しているのですが、全く知りませんでした。
薄利多売ゆえに儲けを大きくしようと思えば、多店舗展開しか道はないのだろうかな、と考えたりしていましたが、思えばここから、この格安マッサージのビジネスモデルに興味を持ってしまいました。

自宅近くの店舗に電話して60分コースを予約しました。
山手線の駅から徒歩1分の雑居ビルの2フロアを借りていました。
店舗に着くと早速自動販売機でチケットを買わされますが、自販機を使用するとはここでもコストダウンの工夫ですね。
ちなみに指名は受け付けていませんが、これも労働力を平準化させる策なのでしょう。

用意された服に着替えて施術が始まりましたが、激痛に耐えながら一生懸命店舗の収益をザックリと計算していました。
なお、2フロアのうち1フロアは稼働してないようだったので、1フロアで試算します。

【売上(月)】
・フル稼働で4ベット×3千円×12時間=144千円×30日=4,320千円(最大月商)
・稼働率70%として、4,320千円×0.7≒3,000千円(想定月商)
【経費(月)】
・人件費;1人300千円×6名=1,800千円 ※会社負担の社会保険も含めた金額
・賃料;300千円
・水道光熱費・リネン費・その他消耗品費;150千円
経費合計;2,250千円
【粗利益(月)】
3,000千円ー2,250千円=750千円(月額)×12ヶ月=9,000千円(年間)

あくまでもザックリですよ。
そして、もしこれがフランチャイズ制を引いており、自分がここのオーナーになっていると仮定し、ロイヤリティを粗利益の10%とすると、9,000千円×0.9=年額8,100千円。
これに税金等がかかりますので、手取りはまだ減りますが、こういうのはリタイア後のオーナー業としてどうなのだろうか、と考えてしまいました。
なお、本当は収益率を出せれば一目瞭然なのですが、そこまでのデータはないので今回の妄想はここまでとします。

アリリタブログ村では、株式、FX等の投資が殆どで、ビジネス投資は見かけたことがないのですが、信頼できる人を店長として雇い、自分はあくまで出資者となるビジネス投資として考えるのもありではないかと思います。
でも、金融投資と比較して面倒なことは確実に生じるとは思いますが。

■コンビニのフランチャイズのように、一国一城の主とは名ばかりで、オーナー自らが労働力の一員として奴隷のように働かなければならない。
■ビジネス投資はどうしても人との関わりは避けることが出来ず、トラブルによるストレスが生じる。
■予定通りに収益が上がらなかった時の損切りのハードルが、金融投資に比べて高い
etc

本当は「格安マッサージに行ったら案外しっかり揉んでくれて、お得で気持ち良かった」、という内容を書こうと思ったのですが、全然違う内容になってしまいました。

↓マッサージですっきりしたい方はポチッとな。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産のこと | 06:00:00 | コメント(2)
資産の計算から除外しているもの
自分の方針として、暫くは働きながら報酬を得ることと資産運用により、リタイア後の資産を確保する戦略ですが、実はその資産の計算から除外しているものが3つあります。
それは、以下の通りです。

1.退職金
これは通常であれば確実に手にするものであり、一般的には資産に組み入れてもよいものですが、現在の会社の退職金制度がpoorで、大した金額にならないので「貰えたらラッキー」くらいの余剰金扱いとしておくつもりです。

2.年金
年金システムは国の施策として全然信用出来ません。
一応、100万円以上の支給があるシミュレーションとなっていますが、これも「貰えたらラッキー」の剰余金扱いで資金計画を立案しておきたいと思います。
ただし、きちんと支給されたらまあまあ余裕のある老後が送れそうです。

3.遺産相続
一定額はあるでしょうが、あまりここを当てにして人生設計をしたくないという心情的なものです。
あくまで自分のお金は自分で稼ぐつもりです。
余剰資金としては金額が大きすぎる気もしますが、現状の収入でリタイア計画が組めそうな以上、まあいいかなと。

こんなゆるゆるの計画なので、資産計算時シミュレーションではインフレ率は考慮していません。
リタイアがもう少し現実的になってきたら改めて試算してみたいと思います。

自分がお金に緩いエピソードをもう一つ。
昨日、とうに売ったと思っていた個別株の株主総会招集通知が届き、「あれ、何で届いているんだろう?」と思っていたら、数年前にネット証券とリアル証券の2つの口座で同じ株を購入しており、ネット証券の方は確かに売却していたのですが、殆ど取引のないリアル証券の方をすっかり忘れており、現在の株価で時価総額を算出すると300万円強となっていました。
その分、リタイアが早まることになりますが、我ながらのルーズさに少しあきれました。

あまりまともな投資家ではないですね。

↓よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

資産のこと | 09:15:43 | コメント(0)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。